気をつけておきたいこと

交通事故

事故車の買取をしてもらう際に気をつけておきたいこととしては、まず「査定額を大きく下げてくるような悪徳業者に依頼しないようにする」ということです。そもそも事故を起こしてしまったような車は高く売れないのではないかと考える人も多いかもしれませんが、実は、最近ではそうした車であってもある程度の値段で売ることができます。しかし悪徳業者というのは、事故を起こした車は売れないという依頼者側の心理につけこんで査定額を大幅に下げてくることもあるのです。そのため、売りに出す際は1つの業者だけに任せるのではなく、複数の業者に査定してもらえば、おおまかな相場を知ることができますし、悪徳業者を見抜くこともできるでしょう。次に気をつけておきたいこととしては、「抹消登録の手続きをすぐにおこなってくれるかどうか」ということです。事故車というのは、買取後に廃車や輸出される場合がありますが、その際に抹消登録が行われないと、車の所有者がそのままの状態になってしまいます。そうなると自動車税の納付書が自分(所有者)のところ届いてしまいますし、その支払い義務も生じてしまうのです。それに、もし手続きをおこなわないままその車でトラブルが起こってしまった場合は、所有者である自分のところに連絡が来ることもあります。そのため、車を売却した後はすぐに手続きをおこなってくれるかどうかということを確認しておくようにしましょう。

業者選びのポイント

電卓とお金

買取業者を選ぶ際のポイントとしては、まず「事故車の買取実績が豊富かどうか」ということが挙げられます。事故車というのは普通の車とは違う部分が多いため、十分なノウハウがないと適切な査定をおこなうことができません。しかし多くの事故車を扱っている実績のある業者であれば、多くのノウハウが蓄積されていると言えるため、安心して任せることができるでしょう。次に挙げられる業者選びのポイントは、「高価買取をしてくれるところかどうか」ということです。複数の業者に査定してもらって、一番高いところに売るというのも高価買取の基本ですが、業者選びの判断材料はほかにもあります。それは何かと言うと、独自の販路を持っているかどうかということであり、こうした業者は比較的高く買ってくれる傾向にあると言われています。さらに挙げられる業者選びのポイントは、「スピーディーな対応をおこなってくれるかどうか」ということです。特に、現金が早く欲しいという場合は、早急に車を引き取りに来てくれたり、査定後すぐに支払いをしたりしてくれるところを選ぶとよいでしょう。

広告募集中